Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ 「まだあ〜る」
Story
ホームページ道場
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉のきらりと光る
社長へのインタビューをご紹介。
社長の熱い思いを語っていただきます。

茂原の地域拠点を作る
地域振興の拠点としてオープン
 太陽は「世界」、星は「七夕のまち茂原」を象徴したネーミングの「太陽と星のマルシェ」は、2019年4月上旬オープン予定の東茂原農産物直売所です。
 オープン後には「太陽のマルシェ」として朝市を、夏には「星のマルシェ」という名の夜市をと、名前に由来する市場の開催も計画しています。
 商品は地元の採れたての野菜や、茂原の地域振興として開発された「星のソース」、茂原初の酒蔵が作った酒など茂原初の商品を取り揃えて販売するだけでなく、他の地域と連携した商品なども取り揃えていく予定です。
 茂原商工会議所青年で行っている事業「長生アクション」も意識して茂原市周辺の長生村、一宮町、睦沢町、長柄町、長南町、白子町の近隣地域の懸け橋として機能すること。また九州地区など別の地域や台湾、シンガポール、タイ、マレーシアなどのアジア諸国などとの連携もしていきたいと思っています。
 更に、直売所周辺には農家もあることから収穫体験など、買い物をするだけではなく、観光拠点として来てもらえる施設を目指します。来年2020年のオリンピック直前までには、道の駅としての認定取得をし、インバウンド客にも立ち寄ってもらえる店を目指しています。
太陽と星のマルシェ
太陽と星のマルシェ
「どぶろく」を販売する
 私が高校生の時に、地元の老舗のマスターに料理を教わったことが食の世界に興味を持ったきっかけでした。その後飲食の道に進み、18年間ダイニングバーを経営していました。
 2015年私のおじが5年間かけて酒造免許を取得し、茂原初の醸造所を創業し、翌年「純米発泡濁酒かやま」を発売し、私に販売を手伝ってくれとの依頼がありました。
 ちょうどその頃、茂原商工会議所の青年部に参加し、地元特産物のPRとして「本納ねぎ」を使った「星のソース」を発売するなど、地域振興の活動を経験していました。そのことが茂原初の酒も地域振興につながると思い、合同会社MAYA企画を設立し、酒の販売を始めることにしました。
 当初は消費者に馴染みの薄い「どぶろく」を販売するのには苦労をしました。農産物の直売所などに落花生を一緒に卸すことで「どぶろく」も置いてもらい販売をしていきました。最近では甘酒も販売できるようになったので、販路は拡大していきました。
 さらに、長生村のお米を使用した「長生寿ないすは商標登録し、クールジャパン商品としてシンガポールから販売を開始しました。この商品は茂原市と長生村は地域の為に、ふるさと納税の返礼品となっていて、店舗では太陽と星のマルシェだけで購入できる商品です。
太陽と星のマルシェ
太陽と星のマルシェ
地元のため海外のため
 茂原商工会議所青年部に所属して入会当初は20名程度しかいなかったメンバーが、わずか3年の間に5倍にも増えていくのを経験しました。そこで、地域振興するためにはどうしたら良いかを真剣に考え、1+1が2ではなく4にも5にもなることが可能なんだという事を目の当たりにすることができました。
 商工会議所の活動で良い刺激を受けてた私は、事業計画書に5年後に茂原に酒の販売拠点を、更に海外にも直売所を作ることを計画しました。
 実際、当初計画より2年早く作ることになったのがこの「太陽と星のマルシェ」です。
 私は旅行が趣味で、いろいろな国に行きましたが、いまだに水汲みで一日を使ってしまう子供たちがいる国も少なくありません。そこでこのマルシェに募金箱を置き、更に店の売り上げの一部を足して千葉の「上総掘り」という井戸掘りの技術で掘った井戸をプレゼントしたいと思っています。
 井戸ができれば子供たちは空いた時間を勉強に充てることができ、水があれば農産物も生まれてくるでしょう。人々の笑顔と子供たちのために、せめて年に一つくらいは実現していきたいと思っています。また、マルシェにも飲み水用と収穫体験の畑の水まき用井戸を掘ろうと思っています。この井戸は単にイベントのためだけではなく、災害時の避難場所としても使ってもらえることも考えてのことです。
太陽と星のマルシェ
つなぐ、つなげる、つながる
 茂原市、商工会議所や観光協会など官民一体となって「千葉もばらロケーションサービス」(ロケツーリズム)を展開し、私もそのメンバーとして活動しています。この活動を通して住み慣れた私たちでは気づかないことを気づかせてくれたりしてもらうことで、聖地巡礼のような観光はもとより、移住したいと言ってくれる人も少しずつ増えてきています。
 更に観光客に来てもらうには「食」が重要だと考えています。それには支えてくれる一次産業の人口も増やしていかなければなりませんが、儲からない仕事に若い人が取り組んでくれるわけもありません。そこで農業をやれば儲かるというシステムにも取り組んでいきたいと思っています。
 そこで一般的な直売所は委託販売の形式で農家の収入は売れた分だけで、品物は返品されてしまいますが、「太陽と星のマルシェ」では全て買い取って、他の地域に千葉の農産物を発信する中継基地として機能できないかと考えています。
 仏教でいわれる「身土不二(しんどふに)」という言葉があります。本来の意味は身(体)と土(生まれた土地)は切り離せないという意味で、自分の土地で採れたものを食べることが健康に良いという考え方です。「太陽と星のマルシェ」はこの身土不二の教えに沿った地元の食と茂原と他の地域をつなぐ中継地として機能していきたいと思います。
坂巻農園
企業名 太陽と星のマルシェ(合同会社MAYA企画)
事業
概要
農産物の直売所経営
酒の販売
住 所 〒297-0032
千葉県茂原市東茂原15-13
電話
番号
TEL:0475-23-7890
H P
(2019/3/11)

〈編集後記〉
香山さんは、昨年末に18年間経営していたお店を長期休業してまで、「太陽と星のマルシェ」開店に臨んでいるそうです。地域のハブと なる直売所の立ち上げは、茂原の新たな観光スポットになるでしょう。
地域興しをしながら、海外にも目を向ける香山さん、そしてお仲間の地域興しに真剣に取り組む茂原商工会議所青年部の皆さんは、これからも地元、そして千葉に新しい風を呼び込んでくれるでしょう。今後も注目です。
千葉県企業の
経営者インタビュー
ぴかいちば
Coming soon
Coming soon
Coming soon
Coming soon
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば
ぴかいちば

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ 「まだあ〜る」
Story
ホームページ道場
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る