Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉県で活躍する企業の現在を
経営者インタビューで
ご紹介します。

高床式砂栽培で
新しい農業を目指す
高床式栽培とは
 株式会社グリーンファームかずさでは、ハウス内に高床式砂栽培農業施設を設置した、東レ建設株式会社の新しい農業施設、トレファーム®で野菜を栽培する会社です。高床式砂栽培とは、腰程度の高さの高床の上に、15cm程度の砂床をつくり、その上で農作物を育てる方法です。農地となる部分をベットと呼び、1ベットのサイズは120×180cmあります。
 1ベットの重量は700kgにもなるため、それを水平に支えるために頑丈な工事現場の足場の技術を利用して作られています。
 水だけで水耕栽培に似ていますが、砂栽培の場合土と比べ水はけが良いため、植物にとって常に水が無い状態で、根をたくさん張って水を取りにいかないと生きられない状況を作っています。また、土にはイオン化された栄養分となる有機物がありますが、砂の場合はありません。植物にとっては苛酷な条件ですが、その分窒素が少ない野菜ができ、食べたときに苦味やえぐ味を感じない、日持ちが良くなる美味しい野菜を作ることができます。
 ハウス内は24時間コンピューターで計測・監視され、温度やベットに送る水や肥料などは自動で散水されます。
 栽培してる主な野菜は、パクチー、ホーリーバジル(トゥルシー)、ロメインレタス、カイラン菜(茎ブロッコリー)、ルッコラ、フリルレタス(フリルアイス)、イタリア野菜のカーボロネロ(黒キャベツ)などエスニック料理やイタリ料理で使われるような野菜です。
グリーンファームかずさ
サラリーマンから転進、農業を始める
 私は元々東レ建設に勤務し、永年ゼネコンの営業をしていました。その後、トレファーム®の開発を担当していました。
 当初この事業を東北の震災復興に役立てたいと思い、進めていましたが、残念ながら実現しなかったことで、個人的に中途半端な思いが残っていました。更にまだ発展 途上の部分も多々あった事もあり、自分で農園を始め最後まで見届けたいという思いで、東レ建設を退社し、退職金で施設を建て、この会社をスタートしました。
 しかし、会社はスタートしたものの、実家はサラリーマンの家庭で自分も農業経験があるわけではなかったため、軌道に乗るまでは苦労しました。
 農業生産法人になるには、1500坪(五反)以上の農地が必要ですが、施設建設でも費用がかかるため、高校の同級生の知り合いだった地主さんに土地を借り、スタートしました。
 野菜の販売をスタートした約5年前、JAに加入し、直売所に置いてもらうことから始めました。「自分がレストランなどで食べて美味しいなと思った野菜」を作っていたためか、全く売れませんでした。そのうち、珍しい野菜だということで、JAが出荷しているイトーヨーカドーの川崎店に置いてもらえるようになりました。
 また、自分が食べたいと思うレストランにランチに行き、シェフと料理の話をしながらレストラン需要を開拓したこともあります。
 レストランに出入りするようになり、レストランの欲しい野菜を切らさずに栽培することで現在の仕組みが出来上がりました。
グリーンファームかずさ
モデル事業に取り組む
 農地面積が狭く、農業生産法人にはなれなかったものの、現在では君津市からは「先進的な農業への取り組みをしている」と評価され、「この地域を担う中核的農家」として、認定農業者には指定していただくことができました。
 ハウスとベットの管理データは、今も東レ建設に提供して今後の開発にも役立てているほか、野菜の定植から出荷、栽培計画、販売管理は独自のシステムを作って管理し、レストランなどに出荷する商品を切らさずに供給できるようにしています。
 経済産業省の平成29年度健康寿命延伸産業創出推進事業で社会福祉法人伸こう福祉会に東レ建設の「仕事でイキイキ高齢者健康寿命延伸事業」が採択されました。この事業は、東レ建設のトレファーム®を老人保健施設に建設し、野菜の生産や販売、施設内の各種軽作業を「仕事化」することで、高齢者自らが生活を豊かにし、健康寿命延伸を目指す事業で、私は農業指導のお手伝いをさせていただきました。
 また、東レ建設の京都の実験施設のトレファームラボが中心となり、空き時間を活用して農業に参加してもらう「シェアリング農業」の実証実験に我が社も参加しました。
 この実証実験は、サポーター(作業者)を登録してもらい、予めシステムに入力した希望作業時間・内容と栽培計画を システムでマッチングさせ、自動的にサポーターへ招集メールを発信するもので、地域雇用創出を実現する「シェアリング農業」のモデル構築を目指すものでした。
 我が社も実験に参加しましたが、我が社は実験的な農場ではなく営農なので、「今日はこの仕事」と制限があるにもかかわらず、コンスタントに参加してくれるサポーターさんがいらっしゃいます。東京から来てくださる方などは、どちらかというと頭を使う仕事をされている方で、1日砂だらけになって仕事をしていることが「すごく楽しかった」といってくださいます。
グリーンファームかずさ
社会貢献と美味しく、美しい野菜を栽培する
 開業当初から、アグリビジネススクールに参加したことで、サラリーマン時代には思ってもいなかった、農業を通して社会貢献になる事があるのではないかと思うようになりました。
 また、「シェアリング農業」の事業を通して分かったのは、会社があるこの地域は、若い方は少ないですが、お年寄りの方は沢山いらっしゃいます。畑をやっている方もいらっしゃいますが、仕事をしていない方も多いので、我が社で施設をお貸しして、無理をせず野菜を作って、一部それを販売するような事業ができないかなと思っています。
 今後は2.5ha位の土地を確保し、一般的な畑と、砂栽培の良さを活かせるハーブ類などの野菜を作り、ここでも「働き方」改革に取り組んで社会に貢献したいと思っています。
 まだまだハードルは高いのですが、完全無農薬野菜の栽培の実現、食べて美味しく、見て美しい野菜づくりを目指して、今後も新しい事にチャレンジしてまいります。
グリーンファームかずさ
有限会社グリーンファームかずさ
企業名 株式会社グリーンファームかずさ
事業
概要
砂栽培による野菜の生産と販売
新しい農業シェアリングの構築プロジェクト
住 所 〒293-0001 千葉県富津市大堀1458
電話
番号
TEL:0439-88-1147
H P https://gfkazusa.com/
従業員 パート含む5名
資本金 500万円
その他資格 一般社団法人 日本砂栽培協会会員
君津市農業共同組合正組合員
君津市認定農業者協議会会員
(2018/8/9)

ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る