Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉県で活躍する企業の現在を
経営者インタビューで
ご紹介します。

新しいビジネスへ
飛躍する
綜合警備保障からの転身
 私は昭和48年に秋田県の高校を卒業して綜合警備保障株式会社に入社しました。綜合警備保障株式会社は、昭和40年7月に設立され、私が入社した当時で社員は1,000名近くいたと思います。
 入社から約5年間は警備の仕事をしていました。当初は都市銀行の立哨警備の仕事から始まり、その間常駐警備、機械警備、保安(万引きをつかまえる)など何でもやらなくてはいけなかったので、一通り警備の仕事を経験しました。
 その後営業職になり、渋谷の事業所に勤務。そして名古屋へ転勤して3年間、本社に戻って警備輸送部門、その後都内にある資金センターのセンター長、その後神奈川へと転勤しました。本社に戻った後、仙台の取締役として東北綜合警備株式会社へ出向(秋田、山形、宮城、岩手、福島担当)、兵庫の支社長で神戸へ、その後第九地域本部長(山口県、九州・沖縄全域担当)として九州へ転勤しました。また本社に戻り執行役員となって営業推進・地域支援担当、執行役員第五地域本部長(千葉、埼玉、栃木、茨城担当)、そして現在ALSOK千葉社長を務めさせていただいています。北海道を除き全国を担当しましたが、今思うと単身赴任することが多い地域でしたが、どこに行っても食べ物もおいしく「住めば都で」過ごしていました。現在は八王子の自宅から電車で通勤しています。
ALSOK千葉で
 綜合警備保障株式会社のグループ企業は、その業務内容によって分かれています。千葉県内では、銀行など現金の輸送など警備輸送を行う綜合警備保障株式会社の警送千葉支社、機械警備を行う4つの支社(千葉、船橋、柏、成田)、そして常駐警備を行うALSOK千葉株式会社と6つの組織があります。私が社長を務めるALSOK千葉は、現在ある綜合警備保障株式会社の70社位あるグループ会社の中で8番目に設立された会社です。
 千葉県内の警備業の仕事で多いのは、工事現場などでよくある交通誘導ですが、ALSOK千葉㈱の主たる業務は、ビルの防災センターなどで24時間365日常駐する常駐警備業務です。県内の契約先はビルの常駐警備業務では、南は木更津市の「海ほたる」、東は銚子市の千葉科学大学までの地域を網羅していますが、現在は都内の一部にも業務を拡大しています。
 その他にイベントなどの臨時警備業務も実施しており、なかでも最大のものは、初詣客数が全国第2位の大本山成田山新勝寺の迎春警備です。この仕事は1979年から40年余り続いています。迎春警備は本社管理要員を含めた社員総出の仕事で私自身も大晦日から元旦にかけて警備の第一線で陣頭指揮を執っています。また、県内にはゴルフ場が多い関係でゴルフトーナメント会場のクラブハウスにおける出入監視業務、ギャラリー駐車場における車両誘導業務も20年以上に亘って実施しています。また、臨時警備では各種国際会議等における会場警戒業務も実施しています
その他にも警察署単位で委託される放置車両事務確認業務や、個人宅の夜間警戒業なども長期間に亘り実施しています。
アルソック千葉株式会社
有害鳥獣捕獲業務でも社会貢献を目指す
 綜合警備保障㈱のグループ企業の中では珍しい仕事ですが、罠を仕掛けて有害鳥獣を捕獲する業務を実施しています。
 近年は野生鳥獣による農作物被害が深刻化・広域化し、その被害額はおよそ200億円にものぼります。自治体は有害鳥獣捕獲業務を民間の認定業者に委託することにより防止対策を講じています。
 ALSOK千葉㈱がこの問題に取り組んだのは、警備だけではなく別の方法でも社会貢献できないかという課題を持っていたからでした。この種の仕事は全国の警備会社の中でも唯一ALSOK千葉㈱だけが行っている業務です。
 一昨年度は茂原市と契約し、イノシシを240頭余り、ハクビシンやアライグマ等で400頭弱を捕獲しました。昨年度は君津市と契約し、本年度は再び茂原市と契約しました。
 現状ではイノシシは県内で年間2万8千頭あまり獲れますが、食肉になるのは0.1%しかなく、それ以外は焼くか廃棄処分されています。
 この事業を始めて3〜4年になりますが、まだビジネスとしては採算が取れていないのが実情です。その理由は、様々な法規制をクリアしなければ、獲ったイノシシの肉を食材とし販売できないからです。更にペットフードや動物園の餌のような用途でも様々な制限や課題があります。
 我々が販売可能なシステムを構築すれば、自分達で捕獲したものだけでなく、他の団体や個人が捕獲したイノシシも引き受ける事ができるようになります。現在この問題をクリアするための取り組みを進めています。
アルソック千葉
運用の品質は全国トップクラス
 警備業は勤務に就くためには必要な資格が沢山あり、資格無しでは業務に就くことができません。ビルの防災サンター勤務では警備関連の資格のみならず消防関係の資格まで必要になります。そのために社員が取得しなければならない様々な資格取得のサポートも積極的に行っています。
 その効果なのか、消防署単位で開催される自衛消防隊屋内消火栓操法大会では三年連続優勝、ALSOKグループの運用品質協議会では、消火栓部門で1位を獲得しました。
 このような全国トップクラスの運用品質を提供できることがALSOK千葉㈱の「売り」であり、「誇り」です。 警備の仕事は、冬は寒く夏は暑いといった社員達に大きな負荷がかかる仕事です。私はそんな頑張っている社員のために、給与面も含め待遇を良くしていこうと考えています。
 また、更なる社会貢献となるべく新しい仕事にもチャレンジしていきたいと思っています。
 最後に、再来年に開催される東京オリンピックの千葉県内で行われる競技の警備はALSOK千葉㈱だけでは対応しきれる規模ではありません。業界をあげて対処するためにJV(ジョイントベンチャー)契約を結び、体制作りも始まりました。今後JV各社とともに何事もなくオリンピックを実施し、終了できるよう貢献してまいります。
アルソック千葉
アルソック千葉社長
企業名 ALSOK株式会社
事業
概要
  • 1.事務所、工場、倉庫、商店、住宅、その他各種財産の警備の請負とその保障
  • 2.盗難、火災等に関する調査、予防計画の立案、意見の具申等に関する業務の請負
  • 3.その他、前各号に付帯する各種調査に関する業務の請負
  • 4.各種財産の管理の請負
  • 5.駐車場の管理の請負
  • 6.生命保険媒介業及び損害保険の代理業及び自動車損害賠償保障法に基づく保険代理業
  • 7.個人及び企業の信用調査業務の請負
  • 8.現金、有価証券、貴重物品、並びに高価物品等の運送の請負
  • 9.電気通信工事の請負
  • 10. 事務所、工場、倉庫、商店、住宅等の各種施設の綜合管理業の請負
  • 11. 消防設備の工事及び保守、点検の請負並びに防犯機器及び医療機器等の販売、賃貸およびリース
  • 12. 道路交通法に基づく放置車両の確認および標章の取り付けに関する事務並びに放置違反金に関する事務の受託
  • 13. 有害鳥獣対策業務および鳥獣皮肉等の販売
  • 14. 自動車の管理、販売、賃貸およびリース
住 所 〒262-0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷1丁目3−33キャロットビル幕張
電話
番号
TEL:043-275-7575
H P HP:http://www.chiba.alsok.co.jp/
役 員 代表取締役 黒木 重義
従業員 450名
資本金 2000万円
資格その他
  • ・警備業認定 千葉県公安委員会認定第1号
  • ・販売業認定 高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可証
    千保 第0335号
  • ・鳥獣捕獲認定 鳥獣捕獲等事業の認定 千葉県 第002号
  • ・ISO 9001取得
    審査登録証番号:JMAQA-1424-14
  • ・プライバシーマーク付与認定
    登録番号:第10862351(03)号
(2018/5/11)

ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る