Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉県で活躍する企業の現在を
経営者インタビューで
ご紹介します。

古民家再生で
地域を元気にしたい
建築士を志す
 出身は千葉県柏市で生まれ、小学校5年生までは我孫子市に、6年生から八千代市に引っ越し今も住んでいます。
 私が建築の道に進んだのは、父の影響だったかもしれません。私自身は小さいとき絵を習っていたこともあり、絵を描くことも好きでした。父はゼネコンで土木設計の仕事をしていて、設計という仕事が身近で、手に職をつけた方がいいとも言われていたので、高校生の時には既に建築の道に進む事を決めていました。
 大学を卒業後、東京の設計事務所に就職しました。この会社では一般の住宅の設計管理だけでなく、公団と一緒に街づくりの仕事もしていました。寝る間を惜しんで仕事をし、ほとんど毎日終電で帰っていましたが、好きな事をやっているので自分自身は大変とは思っていませんでした。
 その後職場で知り合った主人と結婚し子供が出来ましたが、そのまま設計事務所に勤め続けるのが難しくなり退職しました。半年後、30歳の時に株式会社空間計画提案室を立ち上げました。事業が軌道に乗るまで1年間はひとりでやっていましたが、その後主人も退職して一緒にやり始めました。
株式会社人と古民家の設立
 株式会社空間計画提案室を設立し、13~14年間はほとんど建物単体の設計管理をやりながら経営の勉強会にも参加していました。今から4年ほど前に、今まで勉強してきた事をもとに新しいビジネスモデルを造る課題に取り組みました。その時に勧められたテーマが「古民家」でした。
 不思議なもので、このテーマを勧められたタイミングに併せたように古民家リノベーションの相談が舞い込んできました。電話の主は以前私が勤務していた建築事務所の街づくりプロジェクトのメンバーだった方でした。築130年になる奥様の実家の古民家をリノベーションして残していきたいという事で、誰に相談したらいいか分からず、設計事務所をやっている私を思い出し連絡してきたそうです。
 この相談が来た事で、今までほとんど目は東京に向き、南房総には興味が無かった「千葉都民」的な私と大多喜町との出会いでした。この出会いがきっかけとなり、私が持っている街づくりや都市計画などのスキルを使って、設計事務所として古民家再生のビジネスモデルを実現しようと思い、今までの株式会社空間計画提案室とは別に「株式会社人と古民家」の設立をすることにしました。この古民家リノベーションの相談が無かったら「株式会社人と古民家」が出来なかったかもしれません。
株式会社人と古民家
「まるがやつ」は一棟貸しの古民家宿泊施設
 このビジネスモデル実現のために千葉県内の古民家を探してみましたが、物件はあっても法規制で宿泊施設には出来ない所が多いなか、大多喜は規制の対象外で、物件もある地域でした。
 大多喜で物件を探している時に、ある方が紹介してくれた物件が今の「まるがやつ」でした。実際に見に行くと、里山に囲まれ、里山の麓には古民家があり、蔵もありました。素晴らしい環境で、一目見て「ここで何かできたらいいな」と思えました。
 この物件のオーナーだった方に構想をお話したところ、地域貢献になるならと快く譲っていただくことができました。また、この物件を紹介してくれた方が町長さんをご紹介いただき、古民家事業のお話に賛同していただきました。更に幸運な事に、この物件はリノベーションが進行中の古民家再生の物件からも歩いて5~6分の所だったので、「まるがやつ」の工事も気心が知れた同じ職人さん達が協力してくれました。
 こうしていくつもの「縁」と皆様のご協力を得て無事工事を終え、「遊ぶ、学ぶ、育てる、食べる」をコンセプトに、施設の一棟貸し、1日二組限定の古民家の宿泊施設「まるがやつ」は2017年8月にスタートしました。
まるがやつ
まるがやつ
建築文化賞を受賞
 「まるがやつ」の事を聞いた地元の方からは「こんなところに泊まりに来るの?」と言われたこともありましたが、東京などからいらっしゃるお客様からはご好評を頂いています。ひょっとしたら、地元の方々は自分達の良さに気付いていないのかもしれません。
 「まるがやつ」は単に宿泊施設ではなく、地元の方との触れ合いや、体験する施設でもあります。自然に触れたり、地元の食材を食べたり、座禅やヨガを体験したりと今後も地域独特のイベントを企画し充実させていきます。
 私が一番やりたかった事、それは一棟の建物を建てるだけではなく、建物が街に何かを発信するとか、より多くの方たちに影響力を与える設計など、建物が人々に影響を与えていくような仕事です。それは若い頃に体験した街づくりにも通じています。
 「まるがやつ」の売りのひとつ、蔵の内装デザインは私の恩師にお願いしました。それは単に古民家の宿泊施設としてだけでなく、建築としても価値のある施設にしたかったからです。そのこだわりが評価となり、先日千葉県建築文化賞の優秀賞をいただくことができました。
 「まるがやつ」はまだ始まったばかりですが、他の事業者も含め、古民家を活用した施設が増え、それが大多喜にも貢献できるようになってほしいと思います。
 このお仕事をさせていただいた事で、県外からも古民家に関係するご相談も頂いています。私達はこれからも古民家を通して地域貢献できる事業へと発展させていきたいと思っています。
千葉県建築文化賞受賞
夢をかなえて女性社長ならではの経営をする
企業名 株式会社人と古民家
事業
概要
建築設計・管理、インテリアデザイン、古民家の設計管理
住 所 〒263-0043 千葉市稲毛区小仲台6-18-1稲毛パレス410号室
電話
番号
TEL:043-301-2777
H P HP:http://www.hitokomi.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/hito.to.kominka/
まるがやつ大多喜:http://www.marugayatsu.com/
役 員 代表取締役 牧野嶋 彩子
従業員 7名
資本金 1000万円
資格その他 千葉県建築文化賞受賞
(2018/4/11)

ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば 業界探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ チバビズ便利帳 ホームページ道場
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る