Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉のきらりと光る
社長へのインタビューをご紹介。
社長の熱い思いを語っていただきます。

まちづくりで
地方創生実現を目指す
船橋のタウン誌が
活動の原点
 株式会社myふなばしは、タウン誌の「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」、インターネットニュースの「MyFunaねっと」、「船橋経済新聞」を提供している会社です。他に私の個人事業として株式会社フィットで、イベント企画の運営、HP制作、地域コンサルの活動を行うほか、船橋地方卸売市場内の「市場カフェ」の運営や、船橋のなしの情報サイト「船橋のなし」、船橋市三咲地域の情報配信を行う「船橋三咲エリアニュース」、船橋地区のママさん達のための情報サイト「Mamachi」、船橋の中山商店街の情報発信サイト「中山かわら版」などを運営しています。
 船橋をベースとして、町づくりのための様々な活動をしています。
 お金にならない事ばかりやっていますが、ベースとなる収入はサポーター制度という会員制度で成り立っています。私が作っているMyFunaが街づくりのために役立っていると思った方が会員でいてくれるという仕組みで、趣旨に共感した方達の寄付で成り立っている会社です。
株式会社myふなばし
やりたい事をやる
 生まれたのは千葉市稲毛区ですが、父親は銀行員で転勤族だったので、小学校5年で船橋家を建てました。小学校卒業と同時に豊橋へ移り、中学校2年生の終わりまではそこで過ごしましたが、中学校3年で船橋に戻り、それからはずっと船橋に住んでいます。
 子供の頃はサッカー選手になりたいとか、警察官になりたいとか漠然と思う程度で、目的を持っていませんでしたが、二十歳の時に友人が事故で突然亡くなり、「人って簡単に死んでしまうんだ」という事を目の当たりにし、それならやりたい事をやった方がいいと思うようになり、独立することを夢見ていました。
 大学を卒業し、独立するためのノウハウを得るために、東京の新宿に本社のある教習所専門のコンサルタント会社に就職し、最初に赴任したのは鹿児島でした。その後静岡の藤枝に転勤になりました。当時は鹿児島でも藤枝でもサーフィンをやってから出社という満員電車が無い、海や山に囲まれた生活を送っていました。
 26歳になって東京でも働いてみたいという思いで求人広告の会社へ転職し、新宿や神田の営業所で、営業エリアは東中野から昭島、あきる野など山手線にかからない中央線沿線を営業していましたが、千葉に新規事業所立ち上げの話がきっかけで、都内からまた千葉に異動しました。
 その後、29歳で求人広告の代理店として会社を設立し独立しました。
株式会社myふなばし
東日本大震災からの
復興が
 地域で仕事をし始めたら「地域っておもしろい」と思うようになり、タウン誌をやりたいと考えるようになりました。事業が軌道に乗ってきた2年目くらいの時に、休刊しているタウン誌があることを聞き、それを引き継いで「株式会社myふなばし」を設立、今のタウン誌「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」をやり始めました。
 求人広告の時代は「金持ちになろう」と思っていやっていましたが、実際にタウン誌をやってみて、タウン誌の持つ役割どんなものかが分かってきました。
 2011年の東日本大震災がきっかけで更に地域の絆について考えるようになり、どうやって人と繋がるかをコンセプトに入れて、活動の幅をどんどん広げていきました。
 震災復興のために、福島県のスパリゾートハワイアンズOGと協力し、「フラで復興の絆」というテーマで「ららぽーと船橋」で「ハワイアンフェスティバル」というイベントを企画しました。
 その後も食べ歩きのイベントや、船橋の「コーヒータウン化計画」に関わるなど、様々なイベントにも関わるようになりました。
 更に、公益社団法人船橋地域福祉・介護・医療推進機構にも関わっています。この組織は地域の中に医療と福祉と介護と、地域の問題をワンストップで解決できる組織としてお医者さんと一緒に立ち上げたものです。
 今は船橋に足場を置いてタウン誌、イベント、公益社団法人と「点の活動」ではなく、様々な角度から関わる「面の活動」へと変化し、活動していますが、船橋単独で解決できる課題では限界があるので、広域連携しなければ地方創生の実現は難しい事が分かってきました。
株式会社myふなばし
世界中を旅して
それが仕事になる事
 私が理事の仕事もさせていただいている船橋地方卸売市場は、千葉県内で船橋と千葉にしかない中央市場でした。そのために千葉県中から千葉の良いものが集まっています。なので、この市場をもっと良くする事で、地域振興の成功事例を作りたいと思っています。
 たとえばママさんたちが市場のイベントに出店するとか、地元の飲食店が「市場」というブランドを使ってマグロ屋を開くなど、「市場」をもっと市民の生活の中に入れる事によって、それが実現できるのではないかと思います。
 また市場にそろえる商材も、既存の流通するものだけでは足りません。千葉県内のそれぞれの地域で活躍している人と連携し、その人たちが県内の生産者と繋がり、市場がその人たちと連携する事で、千葉県内の海の幸、山の幸が集まってくるようになる事で、千葉の良いものが更に集まるようになり、市場が千葉県のハブの機能を果たせるのではないでしょうか。
 私自身、昔から自分の将来をイメージしていたのは、「世界中を旅してそれが仕事になる」という生き方でした。
 それを実現していくためにも、自分一人ではなく、様々な活動をされている方と繋がり、その輪が県内、国内はもとより、海外までも活動の幅を広げていく事。そして「社会のためになる事」が「自分のやりたいこと」と一緒になるような事業の組み方をしていく事で実現できると考えています。
 今の私の活動を支えてくれる方々や、千葉県内にいる様々な活動をされている方々、そして、「みんなの経済新聞」で繋がっている各地のライター、編集者の仲間がいる生き方こそ、自分のゴールに向かって進んでいる感じがしています。
株式会社myふなばし
株式会社myふなばし
企業名 株式会社myふなばし
事業
概要
(1)ふなばし再発見!!マガジンMyFunaの企画、制作、発行
(2)地域情報サイトMyFunaねっとの運営
(3)経営コンサルタント業
住 所 〒273-0001
千葉県船橋市市場1-8-1
船橋市地方卸売市場 関連棟2F
電話
番号
TEL:047-421-1777
H P
HP:
https://myfuna.net/
(My Funa.net)
Facebook:
@myfunanet
従業員 5名
資本金 940万円
関連会社 株式会社フィット
イベント企画・運営 デザイン、HP制作、地域活性コンサル
市場カフェの運営

https://ichibacafe.com/

「船橋美咲エリアニュース」Webサイト運営

https://my-news.asia/misaki/

船橋のなし情報Webサイト「船橋のなし」運営

https://funanashi.myfuna.net/

子育てママの情報サイト「Mamachi」

https://www.mamachi.online/

船橋中山商店街情報サイト「中山かわら版」運営

https://my-news.asia/nakayama/
(2020/1/10)


〈編集後記〉
 起業したいというから思いから独立し、転じて地方創生という志を持って様々な課題に取り組んでいる山﨑さん。その行動力には頭が下がります。きっと山﨑さんのような人が、地域で活躍する人と連携してこの社会を変えてくれる原動力になるのかもしれません。チバビズドットコムでも山﨑さんの活動を応援したいと思います。
ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る