Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉のきらりと光る
社長へのインタビューをご紹介。
社長の熱い思いを語っていただきます。

モノづくりをする人間は、
科学者より職人であれ
江戸から220年、
十代続く老舗
 株式会社正上は、香取市にある「いかだ焼き」をはじめとする食品の加工販売をしている会社です。商品は佐原の店舗と自社のネット販売、一部のネット販売サイトへの卸、デパートなどで販売をしています。
 正上は1800年(寛政12年)に初代加瀬庄治郎が「油正」という屋号で油全般の製造販売を始めたのが始まりで、その後三代目が江戸の両国に店舗を構え「正上醤油」という屋号で醤油の製造を始め、醤油と共に米なども舟運で運んで商いをし財を成しました。
 昭和になっても農地をたくさん持っていたそうで、私の父が小学校に通う道すがら、行きかう人から「おはようございます。お坊ちゃま」と声をかけられるほどで、自分の土地だけを通って小学校に行けたという事でしたが、そんな裕福な状態も、戦後の農地改革でその多くを失ってしまったそうです。
 1950年(昭和25年)に八代目の祖父が正上醤油株式会社として法人化し、九代目の私の父がこの地区で獲れる川魚を自社の醤油で加工した佃煮の製造販売を始めました。また、祖父が作らせた看板商品の「わかさぎのいかだ焼き」や家伝だった三升漬(さんじょうづけ)という漬物なども商品化し販売を始めました。
 1963年(昭和38年)に社名を正上食品株式会社に変更、1971年(昭和46年)には商品が多様化したこともあり、社名を現在の株式会社正上に変更しました。
 このように歴史のある会社のため、1832年(天保3年)に建てられた店舗と1868年(明治元年)に建てられた土蔵は千葉県の指定有形文化財になっています。
いかだ焼き本舗 株式会社正上
有形文化財になっている1832年(天保3年)築の
店舗と土蔵など
株式会社正上の建物につけられた千葉県指定有形文化財のプレート

「やらなければわからない事」
を会得する
 私は男3人兄弟の長男で、子供の頃から親に「お前が跡を継ぐんだ」といわれて育ったので、そういうものだと思っていました。二人の弟も私が継ぐものだと思っていたようで、それぞれ別の道に進みました。学校を卒業し、父が決めた大手漬物会社に就職し、実家に近いと甘えるからと名古屋の営業所に勤務していました。
 その頃私はモータースポーツが好きで、バイクにも乗っていました。勤務していた営業所の近くには鈴鹿サーキットがあったため、車関係のショップも多く、休日や仕事帰りにはそこに入り浸っていました。その店で知り合ったヤマハの方にプロのライセンスを取るように勧められ、バイクのレースに参戦するようになりました。
 入社して4年目の頃、出場したレースで転倒してしまいました。本来はその場で座っていなければいけませんが、トップを走っていたのでバイクを取りに行ってレースを続けようとした矢先、後続のバイクにはねられてしまいました。
 怪我は「1~2週間が山だ」といわれるほどの大けがで、その時の事は病院のベッドで目を覚ました時に、目の前に涙を流した父親の顔があった事しか覚えていませんでした。お世話になっていた会社からも「ご子息を殺してしまったら顔向けができない」という事になり、それがきっかけで実家に戻ることになりました。
 実家に戻って父親からいわれたのは「部長だったら部長のセンス、専務だったら専務のセンスを持った存在にならないと職位は上げられない」という一言だけで何も教えてくれませんでした。  ここで育ったとはいえ何もわからない私に、父は「まずは品物を覚えろ」と工場勤務を命じました。周りの社員は、仕事が出来て当たり前、夜遅くまで働くのも当たり前と冷たい目で見られるばかりで何も教えてくれませんでした。
 そのうち営業のトップが退社してしまい、私も配送を兼ねた営業をするようになりましたが、その後製品を作っている工場長が退社。このままでは商品が作れなくなってしまいます。唯一作れる父は営業をしているので、「お前がやれ。作り方を見ていたんだし、この通りやればいいから」と父はノートひとつ渡しただけでした。作らなければ売るものは無く、鍋を焦がしても売り物にはならないので、必死な思いで頑張りました。
 振り返ってみれば父の行動は厳しいのではなく、レシピで表せない「やらなければわからない事」を会得させようとしたという事だとわかりました。それから2~3年は営業に出ても帰ってきてから毎日鍋で商品を煮ていました。そのような生活を続けている中で、当初父がいっていた「全て自分が出来ないと上には上がれない」という事が次第にわかってきました。
 今になって思うのは、そんな苦労は「努力だけでは解決できない会社を維持していく苦労」に比べたら大した事では無かったという事でした。
いかだ焼き本舗 株式会社正上
(左)伝統のいかだ焼き (中)今や代表的となった焼き蛤 (右)賞を受賞した蛤の酒蒸しの詰め合わせ
モノづくりをする人間は
科学者より職人であれ
 佃煮は江戸前の濃い口醤油のうま味を生かし、日持ちもする大切な文化だと思いますが、今の若い人達に合うかというと、しょっぱいものは敬遠されがちではないでしょうか。私たちの「いかだ焼き」は元々持っていた製法が今までの佃煮とは違う食感や味わいで、それが売りだと思っていますが、保存料などを使っていないため日持ちは佃煮のようなわけにはいきません。
 私の父は千葉の工業試験場で1年位醸造の研究をしていた事があり、その時に菌の事や殺菌、抑制方法などを学んでいました。その知識を生かし真空包装でPH値や温度によってどんな菌を殺菌できるかなどを研究しそれを極めて日持ちできるようにしたのが私たちの大切な技術になっています。
 その研究はレトルト製品が出始めても世間ではあまり知られていない頃から始まっていました。ある日父が近所の鉄工所の方と不思議な形をした小さな圧力釜を作り、その釜で様々な実験を繰り返し、その後直径1mもある大きな釜を作りました。それは列車の中で「おつまみ」として食べてもらう「塩ゆでえんどう豆」を開発するためでした。袋を真空にしてしまうと、豆がつぶれてしまうため若干空気が残る「含気」の状態で3カ月から半年間の日持ちをさせる技術でした。開発を成功させキオスクで一手に販売してもらうことに成功しました。この技術は当時誰も出来ていなかったもので、その技術は今でも原点となっています。
 商品の基本は数値化していますが、数値化してもいつも同じようには仕上がりません。そこには教えることのできない、そしてある日突然手に入れることができる「経験」が必要です。私は「モノづくりをする人間は科学者より職人であれ」と思っています。「経験」と共に「ひらめき」や「直観」も大切でそれを大切にするのが職人だと思います。
いかだ焼き本舗 株式会社正上
店内には自社商品の他、地元佐原でロケされた
作品のパネルが展示されている
会社のベースとなっている様々な醤油も販売している
「縁」を大切に、
文化財を次の世代へ引き継ぐ
 私の倅は跡を継いでくれるつもりで、調理師学校で学び1年間料亭で働いた後、今は一緒に働いています。また娘も美容師をやめて帰ってきてくれました。私は父に手取り足取り教わる事は一切ありませんでしたが、商品作りだけは苦労して覚えてもらうしかないとは思いませんが、自分が苦労したので倅には苦労しなくても良い商売のイロハは教えようと思っています。  誰も跡を継がなければかえって気が楽かもしれませんが、跡継ぎがいる以上何とか食い扶持を稼がなければいけないと思い、現在新たな販路開拓を進めています。
 販路開拓の際にも大切にしている言葉は「縁(えにし)」という言葉で、縁を持つ事は商売上一番大切な事で私の一番好きな言葉です。縁がつながれば商売にもなりやすいので、縁を大切にはぐくむ事が一番だと思います。実際に今まではかかわりを持たなかった先とも「縁」ができ、その結果コロナ禍でも売り上げに成果をだしています。
 また、様々な賞にも挑戦しました。なかでも「おつまみグランプリ」で1位を獲得した「九十九里浜 蛤酒蒸し」の開発は、カップラーメンのメーカーがハマグリをラーメンに入れたいという依頼から始まりました。人に頼まれるとNoとは言わないチャレンジャーの父が挑戦してみたものの、砂は吐かない、口が開かない、圧力で貝殻が割れるなど商品にはなりませんでした。メーカーはあきらめたものの父はあきらめず、試行錯誤して成功させました。その成功を基に私が大きな蛤で完成させたのが「九十九里浜 蛤酒蒸し」です。
 長年やってきている会社、特に老舗といわれている会社は、何度か全く違う商売になったり、別の形態の商売へ移行したので続いていたんだと思います。また、商売替えをする時には社長のセンスが無いとうまくいかないのだと思います。事業のターニングポイントは10年に1回ずつは起きていると思っているので、わが社はその積み重ねを200年続けてきてという事です。今は大きく変えていく事は考えていませんが、倅と娘が苦労しないように、なるべく良い形で渡してあげられたらと思っています。
 わが社の建物は文化財になっていますが、文化財は役所が管理しているものではなく、その場所に直系の人たちが暮らしているのが本物の文化財だと思っています。直系だからこそ家系図などでは表せない想いなど色々な事も伝わる文化財は素晴らしい事だと思っています。これからもこの文化財を次の世代に引き継ぐことが私の使命、夢として、子供たちに渡してあげられるようにするのが今後の課題です。
いかだ焼き本舗 株式会社正上
「おつまみグランプリ」1位の記念の皿
店内には獲得した賞の盾などが展示されている
いかだ焼き本舗 株式会社正上
企業名 株式会社正上
事業
概要
いかだ焼きの加工・販売
焼き蛤・佃煮などの加工販売
醤油の製造販売
その他食品の加工販売
住所 〒287-0003 
千葉県香取市佐原イ3406
電話番号 0478-54-1642
HP https://www.shoujyou.com/
従業員 13名
資本金 1,300万円
(2021/4/9)


〈編集後記〉
 「モノづくりをする人間は科学者より職人であれ」、「自分も職人だ」とおっしゃる加瀬社長。新たな商品開発には積極的に取り組んでいるようで、インタビューの際にも新しい商品の発売準備中だそうで、これからも新しい商品を生み出していくでしょう。営業面でも新たな切り口を開拓されるなど、単純に職人だといえない手腕を発揮されご子息が引き継がれるまでに更に多くの実績を積まれていくでしょう。これからの更なる活躍に注目です。
ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る