Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー チバビズ・マルシェ
ホームページ道場
ホームページ道場
外注窓口・制作担当者のための制作情報、
ホームページ運営に必要な知識と技術を
チバビズドットコム制作委員会がご紹介します。

ホームページ道場
バックナンバー(61~72)
PCの不調(Web作業用)
ホームページ道場
1.Windowsで「ディスク」使用率が常に100%付近
最近、使用しているWindowsPCが異常に動作が重い…。フォルダもなかなか開かなかったり文字を打つ時も反応が異常に遅かったり、そんな症状に見舞われている方が結構多いようです。
筆者もその一人でした。
何が原因なのか、どこに負担がかかっているのかを調べてみるために、タスクマネージャーを開いて状況を確認することにしました。するとメモリやCPUの値は正常値付近で安定しているのですが「ディスク」だけが、ほぼずっと100%の状態を維持していました。
何かがディスクへのアクセスの部分をほぼ占有して、他からアクセスすることを阻害しているように見えます。これでは他の処理が動かなくなるのも無理はなさそうでした。
2.筆者のケースでの原因
  • ネットで色々と調べてみると下記のようなことが原因や対処として見つかります。
  • ・ディスクの断片化
  • ・SuperFetch(よく使うアプリの事前読み込み)の無効化
  • ・デバイスドライバーの更新
  • ・PCの再起動
  • ・トラブルシューティングの利用
  • ・クラウドサービスとの通信
  • ・使用していない機能の自動起動停止
筆者の場合はどれを試しても一時的に軽減したようにみえるものがある程度でした。
異常に重い状態が一定周期で発生している傾向が見られることから履歴関係を確認していったところ、Windows Updateが定期的にダウンロードとインストールを繰り返していることがわかりました。
あまりにも頻度が高いのでWindows Updateの更新履歴を確認すると、やはりインストールの失敗を繰り返していることがわかりました。失敗後、「再ダウンロード・インストールの試み・失敗」これを繰り返しているため、一定時間ごとに異常に重い状況になっていたようです。
3.対応(OSの上書きインストール)
Windows Updateを失敗するケースは結構よくあるようで、ダウンロードサイトから手動でデータを入手してインストールすれば失敗しないという情報もみられましたが、残念ながら該当しないケースのようでした。
これだけ失敗を繰り返すということはPC側の関連するシステムデータの破損が原因だと考えて、たどり着いたのがOSの「上書きインストール」でした。
上書きインストールは、通常の再インストール(いわゆるほぼ初期化)とは異なり、現状のデータや入っているアプリケーションの状態を維持しつつ、OSの本体部分を入れなおすことが出来ます。
インストールデータの容量が多めで、色々なチェック処理が動くため、数時間~長ければ丸一日かかりますが、実行後は以前の重さが嘘のようにディスク使用率は低い値を維持するようになりました。
また再発した際も、まず手軽な改善策を一通り行っても解消されないようであれば、じゅうぶんなバックアップをとったうえで試してみようと思います。
Webサイトの作業にPCは必須です。PCに関するトラブルが発生すればWebサイトの作業にも影響してしまいます。使用しているPCの様子がおかしいと感じたら放置せず、症状がひどくなりすぎてしまう前に調べて対処したほうが良いでしょう。
次回は、作業時の眼の負担に影響するかもしれない、ダークモードについての情報の掲載を予定しています。
(2022/11/10)
スマホ対応の必要性
ホームページ道場
1.スマホ対応
モバイルファーストの記事でも触れたスマホ対応ですが、各企業のサイトがスマホ対応されている現在でもまだPCにしか対応していないサイトが意外と沢山あります。
今はスマホからのサイトへのアクセスが8割以上と言われ、検索順位においてのハンデとなることが明言されています。年齢層が低い、スマホを多用する利用者がメインのサイトでは致命的とも言える要素になっています。サイトが会社にとって重要なツールと考えるならば、もはや必須の対応と言えます。
2.ワンソース(HTML)による対応
PC用とスマホ用と別々に作成されたサイトもあります。 ワンソースでなく、別々に作成されるには様々な以下のような理由が考えられます。
  • ・PCからの利用者とスマホからの利用者に対して発信する情報の特色がある
  • ・既存サイトがPC用として複雑に作りこまれていて、新たに作り直すことに無理がある
  • ・スキル的に2つに分けてしまった形でないと作成が厳しい
ワンソースで対応することによるメリットして考えられるのが以下のようなことです。
  • ・更新時の手間の軽減、作業漏れの防止
  • ・ドメイン、URLの分散の回避
  • ・Googleが推奨(検索エンジンにとっても都合が良いつくり)しているので、SEOで優位
3.対応の確認
スマホ対応が正しく行えているかを簡易チェックできるツールがGoogleから提供されています。
『モバイルフレンドリーテスト』で検索すると見つかるページでURLを入力すると、実際にスマホでアクセスした際にどう表示されるか、レンダリング(ソースを読み込み画面上に再現)して、スマホ用サイトとして問題が無いかをチェックしてくれます。
ただ、サイトのつくりや通信状況により、レンダリングが不完全で判定がブレる場合もあります。エラー要素が表示された場合でも複数回試すと問題ない場合もよくありますので、一度で判断しないようにしましょう。
数年前に予想されていた状況が今は現実となり、スマホでサイトが見られることがスタンダードになっています。対応できていない理由がスキル不足によるものだとしたら、それは努力で解決できる範囲です。早めの解消を目指し、今すぐにでも取り組みましょう。
次回は、PC(Windows10)の不調(ディスク使用率100%問題)についての情報の掲載を予定しています。
(2022/10/11)
< 最新記事に戻る >
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー チバビズ・マルシェ
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る