Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ 「まだあ〜る」
Story
ホームページ道場
Goooood Job 職人技・技術クローズアップ
Goooood Job
千葉のビジネスを支える「グッジョブ」を
伝統と革新の両面から
ご紹介します。

醗酵の技術で農業を変える
マリポコミュ
野菜の生産と加工
マリポコミュ
マリポコミュという名前は、スペイン語の「マリポーサ」と「コミュニティー」の二つの言葉を合わせた造語です。「マリポ」は、スペイン語の「マリポーサ」は蝶のことで、私達の活動のような、小さなことが様々な要因を引き起こし、大きな現象へと波及していく「バタフライ効果」が生まれていくことを願ってつけました。
マリポコミュで生産している野菜は、全て完全無農薬、看板商品はきくらげで、7月から10月頃までの間に直売所やネット通販などで販売しています。きくらげは国内産が全体の2%位と言われているきのこです。生のきくらげは、水分が90%以上あり、天然のフィルターを通した美味しい水が手に入るこの地域には適しています。プルプルな食感を生かして食べてもらう「おさしみ専用のきくらげとして販売しています。通販のお客様のおよそ9割からお礼のメッセージまでいただいています。他にマコモダケなど珍しい野菜も生産し、加工品では大豆を醗酵させて作ったテンペなど醗酵の技術を使った商品や特殊な減圧乾燥機を使った乾燥野菜なども製造しています。
施設内にあるショップ
施設内にあるショップ
海外でもったいないを実現
南米のコスタリカでチーズを作った後に残る「ホエー」が捨てられて河川汚染の原因になっていました。大学院では醗酵が専門だった私は、卒業してすぐ青年海外協力隊としてコスタリカに行き、問題になっていたホエーを使って乳酸菌飲料を作りました。この活動の結果今まで廃棄していたものを製品化することで、収入がアップし、雇用も生まれました。
その後製薬会社に就職し、植物を醗酵の技術を使って、機能性を高め、糖尿病や高血圧に効くものを作る研究開発の仕事をした後、もう一度コスタリカへ行き起業し、商品開発のコンサルタントの仕事を7年位していました。
家庭の事情で、コスタリカの事業をやめて帰国し、1年ほど父の事業の手伝いをした後、好きな仕事をやろうと考えていた矢先、ピースボートの通訳の話が舞い込んで、船に乗りながら今後の身の振り方を考えるつもりで乗船する事を決めました。
航海中20名位で集まっては、「田舎で豊かな暮らしをする仕組みづくり」をするには何をやったらいいかと話し合っていました。君津との出会いは、以前鴨川の病院に勤めていた船医さんからの紹介でした。田舎なのにアクアラインが通っているので、アクセスが良く、すごく気に入って、活動の地に決めました。
醗酵の技術で新しい商品開発
今から6年前この場所を借りて活動をはじめましたが、農業経験もない私を親切な近所の方が何かと助けてくれました。
皆と競合しない作物を探して見つけたのが、きくらげでした。その後、様々な作物に挑戦しながら自分の持っているスキルを生かした加工品へと事業を拡げていきました。
加工品ではヤーコン茶が一番ロングセラーの商品です。ヤーコンは薩摩芋のような芋で、普通は捨ててしまう茎をお茶にして飲むと血糖値を下げる効果があります。しかし苦くて飲みにくいので、に独自に開発した方法で苦味を消し、減圧乾燥機で成分を壊すことなく乾燥させました。
また近隣の農家が生産した捨てられてしまう規格外の野菜や、出来すぎた野菜などをこの乾燥機を使って乾燥野菜として販売するための商品化のお手伝いもしています。減圧乾燥機を使うことで、低温で乾燥させることが可能になるため、栄養素を壊さず乾燥野菜を作ることが出来ます。
さらにマリポで開発した乳酸菌、「マリポ乳酸菌」を使って、1m位まで育ってしまった竹を乳酸醗酵させたあと、乾燥し国産メンマを作ることに成功しました。
今では近隣の農家だけでなく、県内の色々な方から醗酵や乾燥の技術を使った農産物加工のご相談が舞い込んでいます。
マリポコミュ
醗酵メンマ
乾燥れんこんとパウダー

マリポコミュ
減圧乾燥機

コミュニティーを作ってバタフライ効果へ
私が元々研究者育ちで、売る事よりも作る方に興味があることは、強いところでもあり、弱いところでもあります。でも、農作物の商品化は外注すればジャムでもドレッシングでも簡単にできますが、それが必ず売れるとは限りません。本当に売れる商品づくりというのは、やはりその道の専門の人が必要なはずです。そういう意味でいうと、うちしかないオリジナル商品を持っている、そこが強みでもあると思っています。
今では様々な課題が持ち込まれ、商品化に向けた開発も行っています。
マリポコミュは農業だけでなく、自然の中で出会った人たちとのコミュニケーションスペースとしての機能もあります。
建物はゲストハウスとして短い期間泊まれる施設や、田舎の環境でビジネスをやりたい方には、「コワーキングスペース」があります。また、11月からシェアハウスもオープンする予定です。
マリポコミュは農園、加工品の販売、コミュニティスペースなど私達の活動が、バタフライ効果で拡散して少しでも良い社会になるよう貢献できる事を願って活動を続けています。
マリポコミュ
聖なるバジルの炭酸水
編集後記
朴訥と話をしてくれた古木代表。農業の世界に飛び込んで、生産者の立場、加工者の立場も実体験として感じたそうです。そこで農業の六次産業化の難しさを打破するために、規格外や作り過ぎで捨ててしまう作物をタダで加工し、加工賃は完成した商品で山分けする。農家に負担の無いやり方を実行しているそうです。原価が低いので、買うお客様にも安く提供できる。まさに近江商人の三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)を実現したやり方で感心しました。
更に、農家に足りない知識と技術を学問の力で補うことで、新しい農産物が生まれます。そこに新しい農業の片鱗が見えた気がしました。
古木さんは自分の暮らし方を見てどんどん真似してほしいと言います。望み通りバタフライ効果へと拡大していく予感がします。
チバビズドットコムのまだあ~るちばのコーナーもご覧ください。
(2018/12/10)
Goooood Job バックナンバー
バックナンバー1~12を見る
【掲載】京新工業株式会社・
有限会社長谷川製作所・
株式会社國枝マーク製作所・
エトナコーヒー(有限会社リバーフラット)・
株式会社NISHIHARA・
SGT美術館・
有限会社吉田自工・
株式会社ティ・エス・シー・
株式会社エンゼル薬局・
坂本提灯店・
有限会社粟飯原瓦工業(あいばらかわらこうぎょう)・
熱帯村(JBK FARM)
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 Goooood Job 千葉のイチオシ 「まだあ〜る」
Story
ホームページ道場
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る