Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー チバビズ・マルシェ
ちばのたね
ちばのたね
千葉の人でも意外と知らなかった特徴と魅力。
チバビズの視点を通して、
街の新しいビジネスの種を見つけてください。

ちばのたね バックナンバー(37~48)
四街道市(よつかいどうし)
地図
四つの街道に繋がるまち
 四街道市は千葉県の中北部の下総台地の南に位置し、太平洋気候のため夏は比較的高温で、冬は降水量が少ない地域です。市の北部は平坦な台地で南部は起伏が多く、古くから低地では稲作、台地上では畑作が盛んに行われてきました。
 「四街道」の由来になったとされる四街道十字路には「成田山道」「千葉町道」「東金道」「船橋道」と彫ってある道標があり、その道標を中心に街道が延びている事から「四つ角」が変化して「四街道」と呼ばれるようになったとされています。
 千葉市内に隣接し東京都心へも近い利便性の高い地域のため、JR四街道駅周辺にはマンションや住宅地が立ち並び、首都圏のベッドタウンとして発展しました。1981年(昭和56年)の国勢調査で人口が約6万人と、市政規定人口の5万人を超えたため、1981年(昭和56年)に市制が施行されました。
 市の東部には農地が広がり、大都市周辺で行われる都市部に新鮮な農産物を周年的に供給する「近郊農業」が行われ、各種野菜のほか梨や落花生が特産になっています。また、市の北部には四街道工業団地があります。
 四街道市への鉄道のアクセスはJR東日本の総武本線が横断しており、市内には四街道駅と物井駅の2駅があります。高速道路は、東日本自動車道が北部を横断し、四街道インターチェンジがあります。また、国道は51号が市の南部を横断しています。
四街道の道標
市名の由来となった四街道の道標
四街道駅(北口)
四街道駅(北口)

四街道工業団地
四街道工業団地
四街道市役所
四街道市役所

かつて軍都として栄えたまち
 現在の四街道市はかつて鎌倉時代から室町時代には「千葉氏」の所領で、その後江戸時代に入ってからは佐倉藩の領地となりました。
 長崎と共に蘭学が盛んであった佐倉藩は、西洋式の高島流砲術へ切り替えるにあたり砲術射的の標的を新たに築造し、西洋砲術練習を明治初期まで行っていました。その後明治政府は、1873年(明治6年)に陸軍指導者としてフランス陸軍ジョルジュ・ルボン砲兵大尉を招き、大尉の指導により「大土手山」を改築し、1886年(明治19年)には陸軍砲兵射的学校も設立されました。このため標的だった大土手山は「ルボン山」とも呼ばれるようになりました。また、四街道は砲兵学校が造られたことにより「軍都」として発展を遂げていき、1890年(明治23年)には市川~佐倉間に開通した千葉県初の私鉄「総武鉄道」の四街道駅、物井駅が造られました。
 旧陸軍施設の跡地は太平洋戦争終戦後、現在の「陸上自衛隊下志津駐屯地」以外は宅地・行政・文教・商業施設などに転換されました。
 1985年(昭和60年)には千葉市や都心に通勤する人々に向けた住宅地としてめいわ地区の開発がスタートし、街のシンボルを作ろうと1992年(平成4年)に初めて作られたのが「ガス灯」で、228基が設置されその数は日本一になりましたが、2016年(平成28年)にはその面影を残しつつLED化されています。
陸軍砲兵学校跡の碑
陸軍砲兵学校跡の碑
ルボン山
大土手山(ルボン山)

ガス灯LED化
日本一だったガス灯は現在LED化されている
LED化された元ガス灯
めいわ地区の住宅地沿いに並ぶLED化された元ガス灯

市民自らも四街道市を発信する「まち撮り四街道」
 2014年(平成26年)からスタートした四街道市の「総合計画」では子育て世代の流入を推進し、人口増加とバランスのとれた人口構成の確保を目指し「四街道 未来創造プロジェクト」を展開しています。その重点プロジェクトのひとつとして「シティセールスプロジェクト」を推進すると共に、2022年(令和4年)3月にはシティセールスロゴマークを作成し、今後の展開に活用していくことになっています。
 また四街道市は千葉市、市原市と連携し、子ども・子育て支援環境の整備等について3市で検討を行い、新たな連携の実現に向けた協議を進めていくことになっています。
 一方、四街道市民がかかわる地域づくりを推進する「みんなで地域づくり」を進めるため、「シティセールス推進課」を設置し、2015年(平成27年)から2017年(平成29年)までは市民自らが発信するシティセールスプロジェクト「ドラマチック四街道」を展開しました。
 更に2022年(令和4年)からは「まち撮り四街道」として市民活動などまちで活躍されている方にスポットを当てて応援するとともに、残していきたい風景を発信していくそうです。
 このようにシティプロモーションを展開していった成果として東洋経済社の「都市データパック」編集部が調査した「住みよさランキング」では、コロナ禍が後押しした要因もあるかもしれませんが全国で181位、千葉県内では8位にランキングされています。
 都心に近い四街道市は、市民参加が参加するシティプロモーションで「住みよさランキング」が更にアップしていくことでしょう。
みんなで地域づくりセンター
文化センターの中にある「みんなで地域づくりセンター」
駅周辺
多くの住宅を見ることができる駅周辺

(2022/6/10)
< 最新記事に戻る >
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー チバビズ・マルシェ
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る